エレクトロスウィング最高峰!キャラバンパレス待望の新作『Chronologic』

Caravan Palace - Chronologic

エレクトロ・スウィングの代表的バンド、Caravan Palace新作

レトロなスウィングジャズやマヌーシュスウィングをエレクトロミュージックの中に飲み込み、ヨーロッパを中心に大流行中の“エレクトロ・スウィング(Electro Swing)”。今も昔も、このムーヴメントの中心にいるフランスのバンド、キャラバン・パレスが新作『Chronologic』をリリースした。期待を上回る最高のダンスミュージックに仕上がっている。

キャラバン・パレス(Caravan Palace)は2005年結成。伝統的なスウィングジャズや、ジプシー音楽であるマヌーシュスウィングといったレトロサウンドをエレクトロニカと融合させ、2008年のデビューアルバム『Caravan Palace』が各国のチャートにランクインするなど大きな話題に。その後隆盛を極める“エレクトロスウィング”と呼ばれる分野の筆頭格として現在もその活動を精力的に続けている。

2012年に2ndアルバム『Panic』、2015年に3rdアルバム『<|°_°|>』をリリース。2019年8月末リリースの今作『Chronologic』は通算4作目となる。

サウンドはこれまでと変わらず全体的にローファイなサウンドが魔法のようにエレクトロミュージックに馴染んでおり、どの曲もどこか懐かしくも新しい刺激に満ちた不思議な感覚を味わえる。個人的なお気に入りは元トンプソン・ツインズ(Thompson Twins)のトム・ベイリー(Tom Bailey)をフィーチュアした(7)「Waterguns」や懐かしのフレンチポップ的なリフレインとダブステップなパートが魅力の(8)「Leena」あたりが好みだった。

新譜『Chronologic』より、(1)「Miracle」のMV。
※年齢制限あり
(5)「Plume」の日本を舞台にしたMV。
日本人ダンサー Ryoga、Hina が出演している。

Caravan Palace :
Zoé Colotis – ヴォーカル
Arnaud Vial – ギター、ヴォーカル
Hugues Payen – ヴァイオリン、ヴォーカル
Camille Chapelière – クラリネット、サックス
Charles Delaport – ベース、エレクトロニカ
Antoine Toustou – エレクトロニカ、トロンボーン
Paul-Marie Barbier – パーカッション、ヴィブラフォン
Victor Raimondeau – サックス

Caravan Palace - Chronologic
最新情報をチェックしよう!