楽器初心者や子供に最適な“スマートウクレレ”『ポピュレレ』が楽しい

Populele

アプリ連動で気軽にウクレレを楽しめる『ポピュレレ』

楽器屋さんで「ポピュレレ」なる面白そうな楽器がディスプレイされていたので、少し試奏させてもらいました。こいつです↓

ぱっと見、ツートーンカラーのボディ、縦長の穴がふたつ並んだサウンドホールが特徴的なウクレレです。そして、この写真ではなんと、ネックのところが光っています

実は私が店頭の楽器を手に取ってなんとなく試奏していた時は電源がONになっておらずネックも光らず、「なんか変わった見た目のウクレレだなー」くらいにしか思ってなかったのですが、寄ってきた店員さんに色々と説明をいただき、これが「スマートウクレレ」なる凄いアイディア商品だということに気付きました。

“スマートウクレレ”何が凄いの?

指板(ネックの弦が張られた表面版)に72個(18フレット×4弦)のLEDが埋め込まれており、スマートフォンやタブレットの専用アプリとBluetoothで連動して“押さえる弦とフレットの位置”を光で案内してくれます。

アプリにはウクレレの持ち方やチューニングの方法から、世界中で親しまれている楽曲が多数収録されており、LEDで光る指板でゲーム感覚でコードや弾き方を覚えていくことができるようになっています。

同様のアイディアは、昔からカシオ(Casio)のキーボードやおもちゃのギターにはありましたが、弦楽器で本格的な楽器としても使えるクオリティのものとしてはこの“ポピュレレ”が初ではないでしょうか(音もすごく良いです!)。

普通のウクレレとしても満足のいくクオリティ

普通に弾く分には、ネックにLEDが埋め込まれていることを感じさせない弾き心地です。ネックには全く違和感はありません。普段はギターを嗜んでいる私が最初に弾いたときは、指板が光るとは思わなかったほど。

私は普段はウクレレを弾かず、ウクレレのコードの押さえ方も知りません(あとで店員さんがギターの1〜4弦の5カポだと教えてくれた)が、ナイロン弦の優しい音色がとてもよく響き、普通のウクレレとしても充分に満足できるクオリティだと思いました。

初心者や子供でも楽しく練習ができそう

この「ポピュレレ」、これから楽器を始めてみたい人や、子供にはとてもおすすめできる楽器だと思います。

私も数年前に子供にヤマハの『ギタレレ』(6弦の小型のギター。ギターの5カポのチューニング)を買ってあげてみたのですが、真似事で適当に抱えて弦を掻き鳴らすことはあれど、「教えてあげようか?」といっても殆ど興味を示さず。
指板が光り、アプリとも連動する『ポピュレレ』であれば、もっと興味を持って弾いてくれるかもしれません。

楽器経験がなく、これから楽器をやってみたい大人の入り口としてもおすすめです。
ウクレレは鉄弦のフォークギター(アコギ)と違い、クラシックギター同様のナイロン弦が張られた楽器です。鉄弦は慣れるまでは指の痛みとの戦いですが、柔らかいナイロン弦であれば比較的すぐにきちんと押さえて音を出すことができます。さらに楽曲を演奏する上で知っておきたいコード(和音)の押さえ方をLEDで示してくれるので、上達も早いと思われます。

ウクレレ教師による「ポピュレレ」レビュー動画。

『ポピュレレ』の開発元は有数のIT企業、シャオミ

実はこのポピュレレ、楽器メーカーの製品ではなく、スマートフォンのメーカーとして有名な中国のシャオミ(Xiaomi, 小米科技)が開発元なんです。
サムスン(Samsung)、ファーウェイ(Huawei)、アップル(Apple)に続く世界第4位のスマホ市場を握り、近年は総合家電メーカーとして成長を続けるシャオミが革新的な製品で楽器業界に殴り込みをかけてきたことに素直に驚くとともに、ヤマハやローランド、カワイといった日本の楽器メーカーにはもっと危機感を持って革新的な商品を開発してもらいたい、と強く感じています。

Populele 2
ポピュレレから改良を施した『Xiaomi Populele 2』も発売中ですが、通常のウクレレとはかけ離れたこの独創的すぎる形態には賛否両論。
個人的には、無印の『ポピュレレ』が良いと感じます。

ポピュレレ 公式ページ(日本語)

Populele
最新情報をチェックしよう!