仏アコーディオン奏者ティモシー・ル・ネ、パンデミック下で世界中の音楽家を巻き込んだ傑作

Timothée Le Net - Ce Sont Nos Parenthèses

アコーディオン奏者/作曲家、Timothée Le Net 新譜

フランスのアコーディオン奏者/作曲家、ティモシー・ル・ネ(Timothée Le Net)『Ce Sont Nos Parenthèses』は、総勢37名におよぶアーティストたちの比類なき芸術活動の素晴らしい結果だ。西洋の古典的な音楽、ジャズ、東はトルコなどの中東音楽を経て果てはインドの音楽まで、興味深く、非常にクオリティの高い作品に仕上がっている。

本作はパンデミック下の2020年3月から5月の間に録音されており、ティモシー・ル・ネのアコーディオンで示された断片的なテーマから、様々なミュージシャンの参加を繋いで完成された。

孤独を好む人もいれば、それを拒否する人もいる。
ティモシーはパンデミックによる強制的な孤独を受け入れた。

多数の音楽家に彼のヴィジョンを伝え招待し、想いを共にする仲間を徐々に増やしていき、彼らにそれぞれ独自な方法で作品に参加してもらった。多くは仕上がりを想像せず好き勝手な演奏や歌唱であったが、ミキシングの努力により結果は予想や期待を超えるものだった。

本作には数多の人生の物語が詰まっている。歌、詩、楽器、文化の多様性……この作品の背景にはそうした“心の豊かさ”がある。この作品はアルバム全体でひとつの美学を体現している。

(3)「Les Oiseaux」

歌詞やポエトリー・リーディングはフランス語だけでなく、バーバラ・ルトゥケ(Barbara Letoqueux)によるポルトガル語の(4)「Contemplação」も。

Mael Lhopiteau – electric harp (1)
Timothée Le Net – accordion (1, 2, 3, 6, 8, 9)
Nathan Hanson – saxophone (1, 5)
Janick Martin – accordion, effects (1)
Elsa Birgé – voice (1)
Grégoire Chomel – tubas, serpents (1, 4)
Jeff Alluin – piano (2)
Louise Robard – voice (2)
Martin Goodwin – sound design (2, 6, 8, 9, 10, 11)
Ilyas Raphaël Khan – tabla (3)
Mathieu Le Rouzic – guitar (3, 5)
Yann Le Bozec – contrabass (3, 6)
Youenn Rohaut – violon, effects (3,11)
Samuel Covel – voice (3)
Armel Goupil – marimba (4)
Barbara Letoqueux – voice (4)
Martin Chapron – guitar (4, 7)
Meriadeg Lorho-Pasco – clarinet (4, 7)
Antoine Péran – transverse flute (4, 10)
Marcellin Djaonarana – vocal (5)
Pauline Willerval – gadulka (6)
Sylvain Barou – duduk, bansuri (6, 9)
Desdamona – voice (6)
Hélène Troffigué – voice (7)
Dylan Gully – clarinet (8)
Gabriel Faure – violon (8)
Agathe Bosch – voice (8)
Ghislain Lemaire – voice (8)
Antoine Lahay – guitar (9)
Parveen Sabrina Khan – voice (9)
Maël Morel – saxophone (10)
Pierre Droual – violon, effects (10)
Sylvain GirO – voice (10)
Baltazar Montanaro – violon, baritone violin (10)
Youenn Lange – voice (11)

Timothée Le Net - Ce Sont Nos Parenthèses
最新情報をチェックしよう!