注目のJAZZピアニスト、トメル・バールの新譜がまさかのネオソウル(しかもクオリティ最高)だった件

Tomer Bar - לדעת הכל

1994年生まれ。14歳でデビューアルバム『Reflections』をリリースし、神童と持て囃されたジャズピアニスト、トメル・バール(Tomer Bar)の新譜は、まさかのネオソウルだった。

トメル・バールはイスラエル生まれのピアニスト。
1994年生まれながら、すでに5枚のアルバムをリリースしている所謂“天才”だ。

美しいオリジナル曲が収録され話題になった2008年のデビューアルバム『Memories』から10年。

新作『לדעת הכל』(←読めない)は、まさかのネオソウルだった。

今作でトメル・バールは控えめなジャズピアノを弾いているものの、メインは彼の“歌”になっている。

新譜『לדעת הכל』収録の(8)「עוד מעט」のMV

しかし、収録された楽曲のクオリティは驚くほど高く、ヘブライ語のため意味はまったく不明なものの、意味が分からないことを気にしない方であれば一生モノの愛聴盤に推薦できるほど素晴らしい完成度になっている。

アルバムは全編ヘブライ語表記で、あまり世界市場をターゲットにしていないと思われるが、怖気づくことなくぜひ聴いてみてほしい。

私は特にPOPでキャッチーな(7)「הצלחה (feat. רביד כחלני & אריק אבר)」(←読めない)や、めっちゃオシャレなコーラスの(9)「בסדר」(←読めない)、(1)「השטן (feat. אריק אבר)」(←読めない)あたりが凄く気に入っている。

イスラエルジャズの中でも特に奇異なこのアルバム。大推薦の一枚だ。

2019年6月に公開されたヤバめな雰囲気が漂う新曲のMV。
英語表記を一切せず、ヘブライ語での表記のみに拘るあたり、世界市場は彼の視野にないのかもしれない。
アルバム『לדעת הכל』には未収録の「פנטזיה」。
まさかの女性誌のような表現に衝撃。
Tomer Bar - לדעת הכל
最新情報をチェックしよう!