南インドにルーツを持つベーシスト、ハリシュ・ラガヴァンがJAZZに刻んだひとつの歴史

Harish Raghavan - Calls for Action

現代NYジャズを代表するベーシスト、ハリシュ・ラガヴァン待望の初リーダー作

2007年にイリノイ州からニューヨークに到着して以降、カート・エリングやアンブローズ・アキンムシーレ、ウォルター・スミス3世、ヴィジェイ・アイヤー、エリック・ハーランド等々数多くのアーティストと共演を重ねてきた稀代のベーシスト、ハリシュ・ラガヴァン(Harish Raghavan)による待望の初リーダーアルバム『Calls for Action』がリリースされた。

バンドはハリシュ・ラガヴァンのほか、ヴィブラフォンのジョエル・ロス(Joel Ross)、ピアノのミカ・トーマス(Micah Thomas)、アルトサックスのイマニュエル・ウィルキンス(Immanuel Wilkins)、ドラムスのクウェク・サンブリー(Kweku Sumbry)というユニークなカルテット編成。

ハリシュ・ラガヴァン・クインテットによる「Anjou」のライヴ演奏。
アルバム未収録曲。

ハリシュ・ラガヴァンのベースは、低音やコードの基音を支えるといったベースの従来の役目よりも、さらにアートとしてのベースの在り方を重視し模索しているように思える。難解なベースラインだが、NYのジャズシーンの最先端が求める響きを体現しているのが、彼のベースなのだろう。

ハリシュ・ラガヴァンのルーツは南インドにあり、両親はタミル語を話すという。今作では随所に彼のアイデンティティが垣間見える。
例えば、(4)「Sangeet」はインドの伝統的な結婚式の2〜3日前に行われる女性たちによる歌や踊りの儀式のことだし、(5)「I’ll Go and Come Back」は、タミル語での「さようなら」を表す言葉の翻訳だ。アルバムの最後に収録されたベース独奏曲も、彼のアイデンティティを表現している。

アルバム『Call for Action』のラストに収録されたベース独奏「AS」。
曲名の由来は“An American Song”。アメリカ人に見えない人としてアメリカ合衆国に育った自身のアイデンティティを表現している。

おそらく、ハリシュ・ラガヴァンというベース奏者の演奏はジャズの最先端といわれるニューヨークのシーンで大きな影響を及ぼし、これからのジャズの発展に多大な影響を及ぼすのだろう。

ジャズが大衆音楽から決別し、アートとして発展を遂げる現在の音楽シーンの中で、ハリシュ・ラガヴァンという孤高のベーシストの存在は大いに注目したいところだ。

Harish Raghavan - Calls for Action
最新情報をチェックしよう!