ブラジリアン・フュージョンの新たな傑作!MPBの名曲を再解釈するSonorado

Sonorado Apresenta: Novelas

ナサォン・ズンビのプピロ率いる新バンド、Sonorado デビュー!

一聴して、ブラジルの伝説的フュージョン・バンド、アジムス(Azymuth)が思い浮かんだ。
シコ・サイエンスのバンド、ナサォン・ズンビ(Nação Zumbi)に20年以上在籍したドラマー/作曲家/プロデューサーのプピロ(Pupillo)率いるバンド、ソノラド(Sonorado)のデビュー作『Sonorado Apresenta: Novelas』はブラジリアン・フュージョンの新たな傑作だ。

今作はMPBの名曲のカヴァーで構成される。
(1)「Selva de Pedra」の原曲はマルコス・ヴァーリ。(2)「O Bem Amado」はトッキーニョ。(4)「Irene」はカエターノ・ヴェローゾといった具合に、渋いチョイスの美メロが連続するが、その全てでファンキーなギター&ベースや70年代風のシンセ、タイトなドラム、そしてブラジルらしいパーカッションのアンサンブルがあり、そして随所にバンドメンバー全員によるコーラスが乗る。この手の音楽好きであれば、完璧にツボを押さえた展開に唸るはず!

(1)「Selva de Pedra」。
原曲はマルコス&セルジオ・ヴァーリ兄弟による1970年代のソフトロック名曲。

この強烈なバンドを率いるプピロ(Pupillo)は1975年ペルナンブーコ生まれ。
1990年代に“マンギビート”で一世を風靡したバンド、シコ・サイエンス&ナサォン・ズンビ(Chico Science & Nação Zumbi)のメンバーとして知られており、カリスマであるシコ・サイエンスが1997年に自動車事故によって亡くなった後も、ナサォン・ズンビの一員として活動を続けてきた。
彼は同グループを2018年に脱退し、以降はソロで活動。本作はそのお披露目ともいえるプロジェクトだ。

トッキーニョ&ヴィニシウス・ヂ・モライスの曲のカヴァー(2)「O Bem Amado」。

Sonorado :
Pupillo – drums, voice
Thomas Harres – percussion, voice
Marcio Arantes – bass, voice
Zé Ruivo – keyboards, synth, voice
Guri – guitar, voice
Ângelo Medrado – voice, caxixi

Sonorado Apresenta: Novelas
最新情報をチェックしよう!