デンマーク発・北欧アンビエント・フォークジャズ、Hvalfugl

Hvalfugl - Øjeblikke Vi Husker

北欧らしいジャズトリオ、Hvalfugl の3作目『Øjeblikke Vi Husker』

デンマークのピアノ、ギター、ベースのトリオHvalfuglの2020年作『Øjeblikke Vi Husker』は、北欧ジャズの真髄が味わえる優れた作品だ。テクニックの誇示よりもアンサンブルでの空気感や世界観を重視したトリオで、北欧の伝統音楽に根ざしたシンプルで美しいメロディーを豊かに響きあうサウンドで届けてくれる。

トリオ名はデンマーク語の「クジラ(hval)」と「鳥(fugl)」という2つの単語を組み合わせた造語。発音は“イヴェイフール”のように聴こえる。この不思議なバンド名が彼らのサウンドを端的に表している。

(1)「Snefald Over Fjorden」ではトリオに加えてフリューゲルホルン奏者のヤコブ・ソーレンセンJakob Sørensen)が参加。地平の遥か遠くまで呼びかけるような深みのある音響が美しい。

(2)「Polardrømme」などにも顕著だが、ミニマルな演奏と、控え目だがとても効果的なエフェクトが相まって今作の繊細で透明感のある“北欧ジャズらしさ”を際立たせる。

(3)「Funklende Blikke」はチェロを迎えたフォークミュージック風の楽曲。(4)「Forglemmigej」も美しいメロディーに心が安らぐ名演だ。

(9)「Regnen Falder Som Sne」

Hvalfugl はピアノのジョナサン・フィヨルド・ブレッドホルトJonathan Fjord Bredholt)、ベースのアンデシュ・ユール・ボンホルトAnders Juel Bomholt)、そしてギターのイェッペ・ラヴセン(Jeppe Lavsen)の三人組。
北欧の伝統音楽やジャズ、クラシック、アンビエントなどが境界なく混ざり合った世界観が高く評価されている。


2017年にアルバム『By』でデビュー。2019年にはジャケットの紫色の空を飛ぶ鯨が印象的な『Som En Faldskærm』をリリース。今作は3枚目のスタジオアルバムとなる。

Hvalfugl :
Jonathan Fjord Bredholt – piano, harmonium
Anders Juel Bomholt – double bass
Jeppe Lavsen – electric guitar

Guests :
Jakob Sørensen – flugelhorn
Lasse Jacobsen – drums
Gabriella de Carvalho – cello
Rebecca de Carvalho – cello
Silva Fuglsig – cello

Hvalfugl - Øjeblikke Vi Husker
最新情報をチェックしよう!