ジスモンチ愛弟子!デリア・フィッシャーによるジスモンチ曲集が素晴らしい

Delia Fischer - Saudações Egberto

過去にはジスモンチのプロデュースによるアルバムも発表していたデリア・フィッシャー(Delia Fischer、1964年8月29日 – )は、ブラジル・リオデジャネイロ出身のジャズピアノ奏者であり、美しく魅力的な歌声を持つ歌手だ。

過去にはピアニストとしてトニーニョ・オルタやエヂ・モッタ他多くのシンガー達とも共演しており、知名度は高くないもののその実力は折り紙つき。

そんな彼女が2011年に満を辞して発表したアルバムが、『Saudacoes Egberto』。

そのタイトルどおり、全曲がエグベルト・ジスモンチの楽曲で占められており、日本国内にも多いジスモンチファンには堪らない内容となっている。

ジスモンチの名を轟かせた実質的なデビュー曲①「O Sonho」で幕を開け、今も多くの音楽家にカヴァーされている②「Loro」、ジスモンチ屈指の美曲③「Palhaco」など、全13曲はどれも名曲ばかり!

デリア・フィッシャーの美しい声によるヴォーカル曲と、ジャズの手法によるアドリブをメインに展開されるインスト曲とのバランスも良く、(失礼かもしれないが)埋もれた名作と呼ぶにふさわしい内容だ。

アンドレ・メマーリとのデュオでジスモンチの代表曲「水とワイン」
Delia Fischer - Saudações Egberto
最新情報をチェックしよう!