アルゼンチン・ロックの過去と現在を詰め込んだ驚くべきごった煮サイケ、Ocho『8 II』

Ocho - 8 II

鬼才フアン・ベルヴィス率いるOcho、多彩な音を詰め込んだ2nd

アルゼンチンの鬼才、フアン・ベルヴィス(Juan Belvis)率いるグループ、オチョ(Ocho)の2015年のデビュー作以来のセカンドアルバム『8 II』(2019年)が素晴らしい。
フアン・ベルヴィス自身が「このアルバムは2019年で最も美しく、分類することができない作品のひとつだ」と語っている通り、サウンドはロック、ジャズ、サイケ、メタル、カンドンブレ、アフロビート、エレクトロニカなどのごった煮。ビートはとても重いが、SSWとしてソロや別バンドでも活躍する可憐な女性ヴォーカル、マリアーナ・ミチ(Mariana Michi)の声は複雑な音楽の緊張を和らげ、サウンドの重心を空中の絶妙な位置に浮遊させる。

今作ではアカ・セカ・トリオのアンドレス・ベエウサエルト(Andrés Beeuwsaert)やHuevoのフリアン・バグリット(Julián Baglietto)、キューバの人気女性SSWジューサ(Yusa)といったゲストも参加。
一見ストレートの豪速球に見えながら、凄いスピードのままえげつなく曲がる変化球のような恐るべき演奏が繰り広げられる。

(1)「Pelicula en el Aire」の冒頭で聴こえる印象的な音はヴィンテージ・キーボードのフィリコルダ・オルガン(Philicorda Organ)の音だ。家電で有名なオランダのフィリップス社が1960年代に初めて製造した電子楽器で、なかなかお目にかかれないレアな機材である。16分音符で刻まれる細かいビートに乗るフィリコルダ・オルガンやブラス隊、そして豊かなハーモニーで歌われる男女ツインヴォーカルが心地良い。

アルゼンチンを代表する人気鍵盤奏者アンドレス・ベエウサエルトが参加した(3)「La Era Beat」はチルアウト感もあり中毒性の高い楽曲だが、これはまず衝撃的すぎるMVを観ていただくのが良いだろう。ちょっとこの世界観、凄すぎないだろうか…。

(3)「La Era Beat」のMV。
全裸で横たわる男女(フアン・ベルヴィスやマリアーナ・ミチ本人ら)という大胆すぎる表現は、映像作品としても衝撃的だ。
Vimeoには無修正版もアップされている。

その後も様々なジャンルがごちゃ混ぜになった圧巻のミクスチャーがサイケデリックに展開される。
──となるとやはり気になるのが、このバンドを率いるフアン・ベルヴィスとはいったいどんな経歴の人物なのだろう、というところ。

Ocho を率いるフアン・ベルヴィス

スペイン語で数字の「8」を表すOchoは、アルゼンチンの作曲家/ピアニスト/歌手のリリアナ・ヴィターレ(Liliana Vitale, 伝説的バンドMIAの鍵盤奏者リト・ヴィターレの実姉)を母に、SSWのノノ・ベルヴィス(Nono Belvis)を父に持つSSW/プロデューサーのフアン・ベルヴィスを中心に結成。彼とマリアーナ・ミチによる魅力的な男女ヴォーカルに、ベース、ドラムス、そしてトランペットとトロンボーン、バストロンボーンの特徴的な3管でバンドを構成している。

Ochoでは作曲、ヴォーカル、ギター、ピアノ、ベース、ドラムスなど何でもこなしてしまうフアン・ベルヴィスは1981年生まれ。両親が音楽家というだけあってビートルズ、フレディ・マーキュリー、ニルヴァーナ、ビョーク、ポール・ヴァレリー、ヴィオレータ・パラ、マイルス・デイヴィス、サラ・ヴォーン、アントニオ・カルロス・ジョビン、さらにはストラヴィンスキーやバッハなど影響を受けた音楽はとにかく幅広い。
そしてやはり、母方の伯父であるリト・ヴィターレ(Lito Vitale)が在籍した人気プログレバンド、MIAからの影響も濃いように思う。

アルゼンチン音楽が繋いできた伝統音楽とロックの歴史。インターネットの時代の世界の音楽からの影響。Ochoは、芸術一家に生まれたフアン・ベルヴィスのそんな雑多な音楽観が余すところなくしっかりとサウンドに反映されたバンドだ。こんな面白い音楽、なかなかない。

(6)「Las Vecinas」のライヴ演奏動画。

OCHO :
Juan Belvis – vocal, guitar, piano, Philicorda, bass, drums, percussion
Mariana Michi – vocal, guitar (8)
Juan Valente – guitar, Minimoog, chorus
Luciano Vitale – bass, drums, percussion, chorus
Pedro Bulgakov – drums
Sebastián Saenz – trumpet, flugel horn
Gonzalo Pérez – trombone
Daniel Bruno – trombone

Guests :
Camila Nebbia – tenor saxophone (1, 4, 8, 9, 10)
Martin Vijnovich – drums (1, 3, 10)
Andrés Beeuwsaert – Rhodes piano (3)
Hernán Segret – bass (4, 5)
Emme – chorus (7)
Julieta Rada – chorus (7)
Victoria Piczman – chorus (7)
Julián Baglietto – vocal (8)
Yusa – vocal (9)

関連記事

Ocho - 8 II
最新情報をチェックしよう!