初共演から半世紀。ゼー・ミゲル・ウィズニキ&アライヂ・コスタの感慨無量の傑作新譜

Zé Miguel Wisnik - O Anel

初共演から半世紀。アライヂ・コスタ&ゼー・ミゲル・ウィズニキ

ブラジルのベテラン歌手、アライヂ・コスタ(Alaíde Costa)とピアニスト/作曲家のゼー・ミゲル・ウィズニキZé Miguel Wisnik, José Miguel Wisnik)の初共演は1968年、TVで披露された「Outra Viagem」だった。このとき、アライヂ・コスタは33歳、ゼー・ミゲル・ウィズニキは20歳。
そこから半世紀の時を経て、アライヂ・コスタが歌うゼー・ミゲル・ウィズニキの作品集『O Anel – Alaíde Costa Canta José Miguel Wisnik』が完成、アントニオ・カルロス・ジョビンの命日である12月8日にリリースされた。

この作品にはボサノヴァやMPBの黄金期を音楽家として生き抜いてきた二人の偉大な軌跡が凝縮されている。二人の初共演曲であり、当時オーケストラの若きソリストとして注目され始めていたゼー・ミゲル・ウィズニキの記念すべきデビュー曲となった(9)「Outra Viagem」から、今作で新曲として発表された3曲の中でも最も美しい(2)「O Anel」まで。抽象的な表現だが、なぜ人生にとって音楽が重要なのかが身に染みて感じられる傑作だ。

この作品は、とにかく目を閉じて聴くしかない。ゼー・ミゲル・ウィズニキによるピアノの美しい和音に、そして卓越したコンポージングによる珠玉の楽曲の数々を。60年を超える歌手のキャリアを積み重ねてきた人生の重みすら感じさせるアライヂ・コスタの不思議な魅力に埋め尽くされた圧倒的な歌声を。

サポートするミュージシャンも完璧だ。チェロのジャキス・モレレンバウム(Jaques Morelenbaum)、クラリネットとサックスのナイロール・プロヴェッタ(Nailor Proveta)、コントラバスのゼカ・アスンプサォン(Zeca Assumpção)…音楽を知り尽くした巨匠たちによる真摯なアンサンブル。嘘偽りのない音楽に心が救われる。

二人の初共演曲(9)「Outra Viagem」のライヴ動画。
70分超におよぶ至福の無観客ライヴ動画。
Zé Miguel Wisnik - O Anel
最新情報をチェックしよう!