欧州ジャズとアフリカ音楽の見事な融合。African Jazz Roots『Seetu』

African Jazz Roots - Seetu

欧州ジャズとアフリカ音楽の見事な融合。African Jazz Roots

欧州を代表するプログレバンド Magmaで活躍したドラマー/ピアニスト、シモン・グーベル(Simon Goubert)とセネガルのグリオの系譜のコラ奏者アブライエ・シソコ(Ablaye Cissoko)の二人によるプロジェクトが、これまでも強力なサポートを受けてきたピアニストのソフィア・ドマンシッチ(Sophia Domancich)そしてコントラバス奏者のジャン=フィリップ・ヴェレ(Jean-Philippe Viret)らを正式にメンバーとして迎え、バンド名:アフリカン・ジャズ・ルーツ(African Jazz Roots)として始動。アブライエ・シソコが演奏するコラやイブライマ・ンディール(Ibrahima “Ibou” Ndir)の瓢箪パーカッションとジャズ・ピアノトリオの絡みが唯一無二のアルバム『Seetu』を生み出した。

(1)「Seetu」

全編にわたってアグレッシヴで刺激的、そして芸術的なセンスに溢れる素晴らしいクインテットだ。
収録曲はすべてメンバーのオリジナル。全員が作曲者としていずれかの曲にクレジットされており、それぞれの個性が反映された曲も楽しい。たとえば深い抒情を讃えたソフィア・ドマンシッチ作曲の(2)「La langue de barbarie」、ドラムスとパーカッションのみで演奏されるイブライマ・ンディール作曲の(4)「Teunguène」、その激しさでは今作最強のシモン・グーベル作(5)「Le jour des régates」、ロジカルで知的な印象を受けるジャン=フィリップ・ヴィレ作(8)「Goxumbaac」、アブライエ・シソコ作の雄壮な大地を想わせるアフリカン・ジャズ(9)「Sundjata」、ヴォーカルも聴かせる(10)「Café touba」など。

ヨーロッパのジャズとアフリカ音楽の融合は、大胆な試みだと思われるかもしれない。
しかしこのアルバムを聴くと、ともに本質的には内省的で繊細な両者の音楽は敷居なく混交できるものだとあらためて実感できる。
音楽は国境を無視し、易々と越える。

African Jazz Roots :
Ablaye Cissoko – kora, vocal (10)
Sophia Domancich – piano
Jean-Philippe Viret – double bass
Ibrahima “Ibou” Ndir – calabashes
Simon Goubert – drums

African Jazz Roots - Seetu
最新情報をチェックしよう!