Apple Music 各国の“トップ100”で知る世界の最新音楽事情がとても面白い

ヒットチャートには各国の文化的傾向があらわれている

Apple社の定額制ストリーミングサービス、Apple Musicでは、各国でもっとも聴かれている楽曲のヒットチャート「トップ100」を見ることができる。そしてこれが、すごく面白い。

多くの国で上位にくる全世界的ヒット曲もあれば、その国でしか聴かれていないだろう曲やアーティストが多くの割合を占めている国もあり、聴いてみると新しい音楽を発見できたりもする。

私がよくチェックしている国のランキングボードを紹介しようと思う。
最後に日本のチャートも紹介しているが、ほかの国と比べて日本の流行音楽の特異性が浮き彫りになっている。

※ランキングは毎日更新されているので、必ずしもここで書いた通りの傾向が現れていない場合もあると思う…
また、あくまでApple Music独自のランキングのため、国によってサービス加入率などの偏りがある可能性も考慮されたい。

トップ100:グローバル

まずは全世界トータルでのランキング。これはもう見ての通り。完全にヒップホップやR&Bの覇権。リズムやビートが強調された音楽が好まれていることがわかる。

トップ100:USA

世界のマーケットをリードするアメリカ合衆国のランキングは、ほぼ「トップ100:グローバル」と変わらない。Apple Music加入者数も世界1位で、米国内ではSpotifyよりも多いようだから、グローバルのランキングへの影響も大きのだと思う。
やはり上位はヒップホップ、R&Bといったジャンルだ。ロック・ミュージックがランキングに顔を出すことはなくなってしまった。

トップ100:UK

米国と同じ英語圏で、音楽シーンも最先端のイメージがあるイギリスのランキングは、米国よりは多様性があるように感じるが、ヒップホップやダンスミュージックが主流だ。
日本でいう「洋楽」は、一般にはこれら米国や英国の音楽シーンの動向のことを指している。

トップ100:フランス

なにかとオシャレなイメージが先行するフランス。近年はテロや暴動といったニュースも多くそのイメージが崩れがちだが、音楽については“渋谷系”にも影響を与えたフレンチポップや、アコーディオンが特徴的なミュゼットなど、おしゃれなイメージがあるが…どうだろう。ランキングを聴いてみよう。

…結局フランスもヒップホップかよ!

とはいえ、フランス語のヒップホップはミュゼットやマヌーシュスウィング等の影響もあるためか、米国シーンと比べればやはりオシャレな音使いだ。

フランスのランキング上位に度々顔をだすAya Nakamura(アヤ・ナカムラ)というアーティストが気になるが、彼女は日本風の名前を名乗っているだけで日本とは何の繋がりもないようだ。

トップ100:スペイン

ギター発祥の国ともいわれるスペイン。古くから音楽文化が発展し、多数のクラシックの名曲が生まれてきた。ロマ音楽が由来の情熱的なフラメンコも人気だ。

スペインのTOP100には、英語の曲は世界的ヒットを除きあまり登場して来ず、代わりにラテン系のR&Bやポップスが多い。ヒップホップの影響を受けた音楽が多いものの、米国のようにランキングがヒップホップに独占されることはないようだ。

最新情報をチェックしよう!