エルメート・パスコアルの音楽のDNAを受け継ぐ女、カロル・パネージという驚くべき才能

Carol Panesi - Em Expansão

驚異のマルチ・インストゥルメンタリスト、カロル・パネージ

作編曲にヴァイオリン、フリューゲルホルン、ピアノ、さらには歌もこなすブラジルの才女カロル・パネージ(Carol Panesi)の2nd『Em Expansão』は、サンバ、フォホー、フレーヴォ、ショーロといったブラジルの伝統音楽を贅沢にブレンドした最高オブ最高なジャズ作品だ。

とにかく彼女のマルチ・インストゥルメンタリストぶりが凄い。いくら演奏に用いる音楽理論が共通とはいえ、構造の全く異なるピアノ、ヴァイオリン、フリューゲルホルンといった楽器をそれぞれアドリヴも含めて完璧に弾きこなす姿は嫉妬を覚えるほど。
しかも美人だというから抗いようがない。

アルバムはヴァイオリンというよりハベッカ(ブラジル土着のヴァイオリン)風な演奏が魅力的な(1)「Transmutação Violeta」で幕を開ける。どこかアイリッシュな雰囲気もあり面白い。
収録された12曲は全てカロル・パネージ自身の作曲で、ブラジル音楽とジャズの即興演奏のバランス感覚が絶妙。ボサノヴァが好きな方は(12)「Afeto」をおすすめしたい。

(2)「Cordão Astral」のスタジオライヴ動画。
セスキ・ブラジル(SESC BRASIL)での演奏動画。
3つの楽器を取っ替え引っ替え演奏する姿は圧巻!

既に“新人”の域を超えた驚異的なアーティスト

カロル・パネージはリオ・デ・ジャネイロの出身、在住。
2018年のデビュー作『Primeiras Impressões』ではブラジル音楽の神様的存在エルメート・パスコアル(Hermeto Pascoal)ともがっつり共演するなど、既に新人レベルの域を遥かに超えた存在感を放つアーティストだ。

彼女が最初に習った楽器はピアノで、そのきっかけは父が弾き語るジョビンの音楽だったという。11歳で音楽院に入学しヴァイオリンを専攻。エルメート・パスコアルのバンドのベーシストで、ワークショップを主宰するイチベレ・ツワルギ(Itiberé Zwarg)の楽団イチベレ・オルケストラ・ファミリア(Itibere Orquestra Familia)に13年在籍し経験を積んできた。

このプロフィールを見るとなるほど、エルメート・パスコアルの才能の片鱗が彼女の音楽からも見て取れるのも納得する。

2018年にはプロフェッショナル・ミュージック・アワードとMIMOインストゥルメンタル・アワードを受賞。名実ともにブラジル音楽の伝統とこれからの進化を担っていくアーティストだ。

エルメート・パスコアルの存在感も際立つデビュー作『Primeiras Impressões』収録の(11)「Forró do Marajó」。
カロル・パネージと気鋭ピアニスト、サロマォン・ソアレス(Salomão Soares)との共作曲。
ブラジルのジャズ・ヴァイオリン界最高峰のヒカルド・ヘルツ(Ricardo Herz)、ニコラス・クラシッキ(Nicolas Krassik)との最強ヴァイオリントリオ!

Carol Panesi – violin, flugelhorn, piano, vocals
Guegué Medeiros – drums
Jackson Silva – bass
Fábio Leal – guitar

Carol Panesi - Em Expansão
最新情報をチェックしよう!