“EDM×フラメンコ”で尖るギタリスト、バハグニ。待望の新作シングルをリリース

Vahagni - The Life & Death of a Great Matador

バハグニが提示する、またも斬新なフラメンコ

アルメニア生まれのフラメンコ・ギタリスト、バハグニ(Vahagni)の新作がリリースされた。『The Life & Death of a Great Matador』と題されたこの3曲入りシングルは、エレクトロニック・ダンス・ミュージックとフラメンコの融合を試みるユニット「パコ・ヴェルサイユ(Paco Versailles)」で得た経験も反映させた、エレクトロ×フラメンコの大胆なサウンドになっている。

「The Life & Death of a Great Matador」のMV。

(1)「The Life & Death of a Great Matador」は打ち込みのビートが強調されつつも、バハグニのギターが堪能できる斬新なフラメンコ。

(2)「Interlude」、(3)「Sunday」はエレクトロニカ要素が強く、従来のバハグニの音楽とパコ・ヴェルサイユとのちょうど中間なサウンドだ。

パコ・ヴェルサイユがちょっとダンスミュージックに寄り過ぎていて、もう少しバハグニのギターを聴きたいな…と思っていた私にとって、シングルとはいえしっかりとフラメンコギターを弾く彼が戻ってきてくれたことは嬉しい。
この路線での更なる深堀りとアルバムの発表を期待したい。

Vahagni - The Life & Death of a Great Matador
最新情報をチェックしよう!