稀代のSSWラウ・ノア、世界中の最高のミュージシャンとのコラボアルバム『A Dos』ついにリリース

Lau Noah - A Dos

1994年カタルーニャ生まれのシンガーソングライター/ギタリストのラウ・ノア(Lau Noah)が世界中のトップミュージシャンとのコラボレーションを収録した新譜『A Dos』をリリースした。

ラウ・ノアは2019年にカタルーニャ人として初めてタイニーデスク・コンサートに出演し、カタルーニャらしい柔らかなソング・ライティングや対位法を効果的に用いたギターのアレンジなどが絶賛された。2021年に待望のソロ・デビュー・アルバム『3』をリリース。すべてギターでの弾き語りという構成で、彼女の個性的で魅力ある才能を知らしめた。

今作はそんな彼女が、ロンドン、マドリード、バルセロナ、ロサンゼルス、ニューヨークを周りながら約2年間をかけて録音してきた楽曲群。全てが世代も国籍もさまざまなミュージシャンとのコラボレーションとなっており、その相手はジェイコブ・コリアー、ホルヘ・ドレクスレル、シルビア・ペレス・クルス、クリス・シーレ、セシル・マクロリン・サルヴァント、サルヴァドール・ソブラルなど超豪華だ。

楽曲はすべてラウ・ノアの作詞作曲。声とギターを中心としたあまりに美しく魅力的な楽曲、演奏のアルバムであり、ここではすべての収録曲について簡単な解説を加えたい。

『A Dos』アルバム全曲紹介

(1) Aunque suene bonito

アルバムの幕開けはグアテマラのSSWガビー・モレノ(Gaby Moreno, 1981 – )とのコラボレーション。ガビー・モレノは数年前にタイニーデスク・コンサートの審査員を務め、その際に出演者としてエントリーしていたラウ・ノアの音楽を初めて聴き、彼女に投票したのだという。この時は残念ながらラウ・ノアが出演権を得ることはできなかったが、後日別の機会でタイニーデスクに出演したことは前述のとおり。2021年にガビーは自身のグアテマラでのコンサートのステージにラウ・ノアを招いており、この頃からの縁が今作での共演に繋がった。

(2) Lesser men would call it love

2023年11月8日にシングルで先行リリースされた「Lesser men would call it love」はアメリカのマンドリンの名手であるクリス・シーレ(Chris Thile, 1981 – )とのデュオ。カントリー・ミュージックのエッセンスも含んだシンプルなコード進行の楽曲。英語で歌われ、二人の美しいハーモニーもさることがながら、クリスの超絶技巧のマンドリン・ソロ、そして負けず劣らず細やかなテクニックで応戦するラウ・ノアのギターの音も素晴らしい。

クリス・シーレとのデュオ「Lesser Men Would Call It Love」

(3) Que Pasen Cosas

「Que Pasen Cosas」はカタルーニャを代表するシンガー、シルビア・ペレス・クルス(Sílvia Pérez Cruz, 1983 – )との共演。陰影を帯びた風情のある楽曲で、二人の女性ヴォーカルの感情も豊か。フレンチホルンの四重奏も楽曲に深みをもたらす。
シングルは2023年10月18日に先行リリースされた。

同郷カタルーニャを代表するSSWシルビア・ペレス・クルスとの共演

(4) If a Tree Falls In Love With a River

「If a Tree Falls In Love With a River」はイギリス出身の世界的人気ミュージシャン、ジェイコブ・コリアー(Jacob Collier, 1994 – )とのデュオで、このシングルは2023年5月19日にリリースされた。ラウ・ノアは2021年にブルーノート・ニューヨークで彼との共演ライヴも行っており、それ以来の共演だ。
歌は英語で歌われ、ラウ・ノアにしては比較的シンプルな演奏。ジェイコブ・コリアーとのハーモニーが美しい。

ジェイコブ・コリアーとのデュオ「If a Tree Falls In Love With a River」

(5) La soledad

スペインのフラメンコ・シーンを代表する若手歌手アンヘレス・トレダーノ(Angeles Toledano, 1995 – )とのコラボレーション「La soledad」は今作の中でもっともスペインを感じる楽曲だ。若手フラメンコ・ギタリストのベニート・ベルナル(Benito Bernal, 1998 – )も演奏に参加しており、卓越したソロで楽曲を彩る。

「La soledad」

(6) Home

イスラエルのジャズ・ピアニスト、シャイ・マエストロ(Shai Maestro, 1987 – )との共演は美しいワルツ曲。今作中唯一、シャイのピアノとラウ・ノアのギターのみのインストゥルメンタル曲となっている。ラウ・ノアはギタリストのイダン・バラス(Idan Balas)やヨアヴ・エシェド(Yoav Eshed)など、イスラエルのミュージシャンとの繋がりも深い。

(7) Libertad

ウルグアイの巨匠ホルヘ・ドレクスレル(Jorge Drexler, 1964 – )とのデュオで演奏される「Libertad」は2023年6月30日リリース。メロディは詩的で、その美しさは特筆ものだ。やはりラウ・ノアの歌にはスペイン語が似合う。二人の演奏はライヴ録音で収録されているが、後録りのストリングスもアレンジに情緒を与えている。二人の歌は中盤まではユニゾンだが、ハミングのあと、終盤は見事なハーモニーに昇華される。

ホルヘ・ドレクスレルとの共演「Libertad」

(8) Wooden chair

ポルトガル出身、2017年のユーロビジョン・ソングコンテストで優勝した欧州を代表する歌手サルヴァドール・ソブラル(Salvador Sobral)との共演はスペイン語でもポルトガル語でもなく、英語。曲調も米英のフォークを思わせる。ラウ・ノアのガットギターと、2人の素朴で温かみのある歌声が素敵すぎる。

ポルトガル出身の歌手、サルヴァドール・ソブラルとのコラボ「Wooden chair」

(9) Siete Lágrimas

2023年12月12日リリースのシングル「Siete Lágrimas」は、グラミー賞の常連受賞者である現代最高峰の女性ジャズ・ヴォーカリストセシル・マクロリン・サルヴァント(Cécile McLorin Salvant, 1989 – )との共演。セシル自身はアメリカ生まれだが、母はフランス人、父はハイチ人。ここではスペイン語の歌詞をラウ・ノアとともに静かに歌い上げる。

(10) Ode To Darkness (The Lighthouse Song)

最後は大勢のオーディエンスが彼女の音楽にコーラスとして参加する。


アメリカのラジオ局WBGOは、「ラウ・ノアの音楽は、ある意味カテゴリーを超越しているが、それと同時にさまざまな場所や時代にも属している」と評価している。

今作はラウ・ノアという稀代の音楽家が、魂が呼応する世界中の美しい音楽家たちと作り上げた傑作である。

Lau Noah プロフィール

ラウ・ノア(本名:Laura Caila Puig)は1994年にスペインのカタルーニャ州の都市レウスで生まれ、十代の後半にアメリカ合衆国ニューヨークに移り住んだ。
幼少時はピアノを弾いていた彼女がギターを始めたのは偶然がきっかけだったという。
2016年に友人たちとパトリック・ワトソンのコンサートに行くためにカナダのモントリオールを訪れたが、彼女の分のチケットが確保できなかったためにひとりアパートに残されてしまった。その部屋には2本のギターがあるのみで、他には何もなかった。彼女は仕方なくギターを手に取り、「Pequitas(そばかす)」というタイトルの最初の曲を作ったのだという。これがアーティスト、ラウ・ノアの始まりの物語だ。

彼女はカタルーニャ語、スペイン語、英語、そして時にはヘブライ語で歌う。また、音楽だけでなく絵画や写真の趣味にも没頭する。音楽的な影響源としては、クイーン(Queen)、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)、バッハ(Bach)、ワーグナー(Wagner)、レディオヘッド(Radiohead)、エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)、カルロス・アギーレ(Carlos Aguirre)、ギンガ(Guinga)、マティ・カスピ(Matti Caspi)、シャローム・ハノフ(Shalom Hanoch)、メルセデス・ソーサ(Mercedes Sosa)など幅広く名前を挙げている

今作にも収録された数々のコラボレーションのほか、2023年秋にはベン・フォールズのヨーロッパツアーでのオープニングアクトを務めるなど世界的に注目が高まってきている。

関連記事

Lau Noah - A Dos
最新情報をチェックしよう!